江戸太神楽 丸一仙翁社中

江戸太神楽の歴史

太神楽の起源は平安時代までさかのぼり、神社に伝わる「散楽」という芸能がその源といわれています。元祖は尾州熱田(現在の愛知県)とする説と伊勢(現在の三重県)とする説があります。太神楽が人々の人気を集めたのは江戸時代になってからでした。そのころは伊勢神宮が大変信仰を集めており、一生に一度、直接足をはこんでお参りする「お伊勢参り」が庶民の強い願望、流行となりました。しかし、遠方在住の庶民にとっては旅費は大変高価ですし日数もかかります。そこで伊勢神宮、また同じように信仰を集めていた熱田神宮の下級の神官が獅子頭を持って各地に出張し、お祓いをして御札を配って廻りました。直接参拝する代わり、ということでしょうか、当時は「代神楽」という表記もあったようです。「丸一」は江戸時代から続く、太神楽を代表する屋号の一つで、熱田派に属します。熱田派の太神楽は、寛文4年(1664)に熱田神宮の許可を得て江戸へ赴き「悪魔祓い」と称して大小の屋敷を軒別に歩いてまわり、同年3月に帰国しました。寛文9年(1669)に江戸城吹上の庭で将軍家の上覧に供し、それから江戸へ出て行くことが恒例となり、やがて移り住むようになりました。山王権現、神田明神の祭礼では先払いの役を務め、太神楽が盛んになるにつれ江戸に移住するものも多くなり、組合が組織されました。その支配頭が五代鏡味権之進です。やがて神事としての宗教色は薄れ、本来は余興であった曲芸を中心とし演芸色が強くなりました。江戸時代末期になると急激に増えた寄席での芸人不足を補うため太神楽が色物として出演するようになりました。現在は、各種イベント、パーティー、舞台、海外公演など多種多様な場所で活躍しています。また、お正月には日本橋界隈を中心に昔ながらの町内廻りもおこなっています。

江戸太神楽略年表
慶長2年(1597)7月11日 初代・近太夫没
明暦3年(1657)1月19日 二代・近太夫没
寛文4年(1664)1月 熱田大宮司の許可で三代・鹿左衛門は江戸へ出向し、大小の屋敷を軒別に廻り悪魔払いと称し「獅子舞」を演じる(苗字、帯刀を許される)
寛文9年(1669)1月 江戸城内吹上の御庭にて四代将軍・家綱の上覧の栄を賜る
延宝2年(1674) 伊勢派(佐藤源太夫、内蔵之助等)、江戸へ出る
元禄8年(1695)2月17日 三代・鹿左衛門没
享保12年(1727)6月14日 大岡越前守より、15日の山王祭に太神楽上覧のことが仰出される(その後、14年、16年の祭に、また20年には江戸城内にて将軍の上覧の栄)
享保年間(1716~1736) 山王権現、神田明神の祭礼の先払いの役を勤める
享保年間(1716~1736) 熱田派、組合を組織する(支配頭は五代・権之進)
享保19年(1734)11月6日 四代・作右衛門没
延享年間(1744~1748) 伊勢派、組合を組織(支配頭は佐藤斎宮)
宝暦4年(1754)7月 太神楽の由来を寺社奉行所に提出
明和2年(1765)4月19日 五代・権之進没
安永6年(1777) 江戸・市村座顔見世興行にて「鞍馬獅子」初演(太神楽を取り入れた舞踊)
天明4年(1784)5月16日 六代・権之進没
文化14年(1817)12月 熱田派・伊勢派合同にて祈祷することとなる
文政10年(1827)6月24日 七代・権之進没
弘化3年(1846)1月11日 江戸・市村座にて「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」初演(太神楽の由来を歌曲におりこんだ舞踊)
文久2年(1862)2月7日 八代・権之進没
明治2年(1869)8月 丸一太神楽、欧州巡業
明治15年(1882) 十代・仙太郎(23歳)、回向院にて興行のチャリネに雇われ上海、香港、マカオ、シンガポール、インドを巡業(2年契約)
明治27年(1894) 十代・仙太郎、ハアムスリ曲馬団に雇われインド、中国、オーストラリア、シンガポールを巡業
明治30年(1897)5月 十代・仙太郎、自費でロンドン、フランスにて興行(34年帰国)
明治32年(1899)10月 十代・仙太郎、ロンドン・リーズ芝居小屋にて興行
明治33年(1900)3月 十代・仙太郎、ロンドン・ケテンクラブにて日本人芸尽くし大会に出演
明治39年(1906)1月9日 九代・権之進没
大正14年(1925) 十二代・小仙(7歳)、十一代・小仙の内弟子となる
昭和4年(1929)10月3日 十代・仙太郎没(71歳)
昭和4年(1929) 大日本太神楽曲芸協会設立(初代会長、十一代・小仙)
昭和15年(1940)10月25日 十三代・小仙、日本橋に生れる
昭和22年(1947)4月17日 十一代・小仙没(52歳)
昭和23年(1948)9月 十三代・小仙(7歳)、十二代・小仙の芸養子となる
昭和26年(1951) 十三代・小仙、二代・仙寿郎を名乗り「神田立花亭」にて初高座
昭和26年(1951) 菊屋橋・熊谷稲荷に「まり塚」建立(昭和28年、川崎大師境内に移転)
昭和26年(1951) 十二代・小仙、ハワイ、アメリカにて6ヶ月巡業(松旭斎天菊が同行)
昭和29年(1954) 三田・三井倶楽部において、昭和天皇、今上天皇をはじめ全皇族方出席のもと御前公演(十二代・小仙社中として)
昭和31年(1956) 十二代・小仙、太神楽曲芸協会会長となる(以降51年まで、10期20年)
昭和31年(1956) 十三代・小仙、キャンデー・ボーイズに参加(2年半の間)
昭和34年(1959) 十三代・小仙、和服の芸に戻る
昭和34年(1959) 十二代・小仙、「江戸太神楽保存会」設立(会称は宮尾しげを氏命名)
昭和37年(1962) 十二代目家元鏡味小仙連中として演奏参加した「江戸の神楽と祭囃子」(日本ビクター)が芸術祭奨励賞(レコード部門)を受賞
昭和41年(1966)5月 タイ航空10周年にて、タイ国王御前公演
昭和53年(1978)11月 太神楽曲芸協会「太神楽~その芸の魅力~」(木馬館にて公演)、芸術祭優秀賞(大衆芸能部門)を受賞
昭和55年(1980)2月21日 東京都から無形民俗文化財の指定を受ける
昭和56年(1981)12月5日 十二代・小仙没(63歳)
昭和63年(1988) 野村耕介主宰「大田楽」公演を機に、若手に放下芸を指導
平成元年(1989) 「大田楽」日枝神社での公演に出演
平成元年(1989) 劇団「ちろりん」に太神楽を指導(継続中)
平成3年(1991)2月 マニラ日本人学校にて太神楽公演
平成5年(1993)7月 「大田楽」アメリカ・バッファロー公演に参加
平成5年(1993)10月 伊勢神宮式年遷宮・皇太子殿下御成婚奉祝の「大田楽」、日枝神社、住吉大社、伊勢神宮などの公演に参加
平成5年(1993)11月28日 二代・仙寿郎、「江戸太神楽十三代家元・鏡味小仙」襲名
平成6年(1994)8月 ヨーロッパ・ジャグリング大会(EJC、ドイツ・ハーゲン)に参加
平成6年(1994)8月 アメリカ・ジャグリング大会(IJA、バーリントン)に参加、十三代・小仙が日本人初のIJAファウンダーズアワードを受賞
平成6年(1994)9月 「大田楽」オーストラリア・ブリスベン公演に参加
平成7年(1995)7月 アメリカ・ジャグリング大会(IJA、ラスべガス)に参加
平成7年(1995)11月12日 上野・鈴本演芸場にて「鏡味小仙と若者達」を自主公演
平成8年(1996)4月 文京区民センターにて後進の育成、伝承のため「江戸太神楽教室」を開講(継続中)
平成9年(1997)10月 十三代・小仙、日本の伝統芸能を中心としたショー「YUME」のドイツ、スイス・チューリッヒ、オーストリア・ウィーン公演に参加(10年4月まで断続的に)
平成10年(1998)11月16日 文京区・シビックホールにて「江戸太神楽一筋五十年記念公演・小仙と若者達その四」を自主公演

江戸太神楽歴代家元
初代 鏡味近太夫 慶長2年(1597)7月11日没
二代 鏡味近太夫 明暦3年(1657)1月19日没
三代 鏡味鹿左衛門 元禄8年(1695)2月17日没
四代 鏡味作右衛門 享保19年(1734)11月6日没
五代 鏡味権之進 明和2年(1765)4月19日没
六代 鏡味権之進 天明4年(1784)5月16日没
七代 鏡味権之進 文政10年(1827)6月24日没
八代 鏡味権之進 文久2年(1862)2月7日没
九代 鏡味権之進 明治39年(1906)1月9日没
十代 鏡味仙太郎 昭和4年(1929)10月3日没
十一代 鏡味小仙 昭和22年(1947)4月17日没
十二代 鏡味小仙 昭和56年(1981)12月5日没
十三代 鏡味小仙(丸一仙翁) 現在活躍中

参考文献
日本の芸談第七巻雑芸(十二代家元鏡味小仙)
江戸太神楽(十二代家元鏡味小仙)
江戸太神楽(十三代家元鏡味小仙)